火おこし

火をおこすのが好きだ。火をおこしたい。

前に火をおこしたのはいつだったかもう忘れてしまった。

着火剤なんて使わない。

小さな火種を徐々に大きくして肉を野菜をジュージュー焼けるくらいに成長させて行くのだ。

故郷にいたころはその気になれば火をおこせた。

祖父の家はまだ薪でお風呂を沸かしていたし、七輪や火鉢などがまだ現役だったからだ。

だが、東京ではなかなかそうはいかない。

そう簡単に火をおこせない。

東京で正々堂々と火をおこすには、、、バーベキューだ。

いつもは食欲が最優先されるがバーベキューだけは火だ。火が最優先される。

肉が食べたいからバーベキューがしたいんじゃない。

火をおこしたいからバーベキューがしたいんだ。

だが、、、バーベキューをするとなると、、、

参加者を集め、バーベキュー場や食材の手配をしてから、やっと火をおこせる。

この中で参加者の調整が一番ハードルが高い、人数が増えるほど予定が合わない。

これが面倒くさくて何年もバーベキューをすることができなかった。

いや!火をおこすことができなった!何年も!

本日やっと、この問題を解決する画期的な方法を思いついた!

参加者の調整をしなけれないい!

1人でもバーベキューをしていいんじゃないか!

だって自分の1番の目的は、みんなでワイワイおしゃべりをしたり肉を焼くことじゃない

火をおこす

ことなんだから。

火は1人でもおこせる。1人でもバーベキュー。この発想がいままでなかった。

もちろん1人「でも」バーベキューなので、

当日予定が偶然あった人がいたら一人「じゃない」バーベキューでもいいのだ。

1人でも(もちろん1人でなくてもいい)バーベキュー計画!

うわーワクワクする!今年は火をおこせるかもしれんぞ!